斎藤惇夫著『グリックの冒険』2020年02月11日 21:50

15年11月29日読了。
 ちょっと文句の付けようがない。全編に満ちる緊迫感も素晴らしいし、登場人物(人間じゃないけど)も皆魅力的。まだ見ぬ故郷を目指す旅という基本設定に浪漫を感じぬ者は小説を読む資格がない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://castela.asablo.jp/blog/2020/02/11/9212699/tb